事業・サービス

組合案内

お役立ち情報

HOME >

会報誌(DDKだより)

会報誌(DDKだより)



2020年01月発行 第308号 DDKだより


年金相談:「ねんきん定期便」はいつ届く?

Q.ねんきん定期便はいつ届きますか?

今月の相談員
特定社会保険労務士 服部 雅恵

A.ご自身の年金記録が記載された「ねんきん定期便」は毎年誕生月(1日生まれの方は前月)に日本年金機構より送付されます(ねんきんネット電子版に登録されて、はがき版の郵送を停止している方は除く)。送付されるのは厚生年金保険および国民年金の被保険者の方々です。節目年齢といわれる35歳、45歳、59歳の方には封書で、それ以外の方はハガキサイズで届きます。
 ねんきん定期便では、将来自分が受け取る年金額が知ることができます。
 50歳未満の方は、将来受給できる年金の見込額(年額)ではなく、現時点でのこれまでの加入実績に応じた年金額が記載されています。これまで支払った保険料に応じた金額ですので、今後支払う保険料によって増加します。
 50歳以上の方は、将来受給できる年金の見込額(年額)が記載されています。現時点での加入実績に加え、現在の加入条件で60歳まで加入したものとした場合の期間をもとに計算した額が記載されています。何歳からいくらもらえるか、その内訳はどうなっているかが分かります。これは現在の加入条件が60歳まで継続すると仮定して試算されたもののため、転職や働き方が変われば、加入状況の変化に応じて年金額も変動します。また加給年金などの金額は記載されていませんので、実際の受給見込額とも異なります。
 いずれの年齢でも確認すべきことは、加入記録が正しいかどうかです。これまでに納付した実績が、正確に反映されているかをチェックしましょう。
 より詳しい試算を知りたい場合、前述のねんきんネットに登録して試算が行えますのでご利用ください。
Copyright DDK. All Rights Reserved.